東京お出かけならココイコ!!

まとめサイトとは違った個人的にオススメしたい東京グルメ・スポットを紹介します♪

東京タワー

東京タワーの料金表!展望台によって料金が違う?

2016/11/17

1

 

今年は東京にお出かけを考えている方がたくさんいると思います。

 

東京にお出かけと言ったらやっぱり東京タワーに行こうと

考えている方もたくさんいると思います。

 

ですが東京タワーには大展望台特別展望台

東京タワー水族館などたくさんの施設があります。

 

それらの施設はそれぞれ料金が違います。

 

なので今日は東京タワーの大展望台、特別展望台

東京タワー水族館の料金などを調べてみました。

スポンサードリンク

東京タワー 料金表

2

出典:http://chspmedia.com/TokyoTower.html

 

東京タワーには大展望台と特別展望台と2つの展望台があります。

 

実はこちらの展望台は開業当初の1958年は大展望台しか

営業していませんでした。

 

そして大展望台の上部に特別展望台が1967年に

開設されました。

 

そのため、大展望台と特別展望台の料金が展望台ごとに

違う、二段階制となっています。

 

なのでそれぞれの展望台チケットの料金を紹介します。

 

まずは大展望台へ行くためのチケット料金やチケットの購入場所です。

 

東京タワー大展望台

3出典:http://zapanet.info/blog/item/1912

 

まず大展望台に行くには東京タワー1階ロビーにある

エスカレーターで行きます。

 

チケットはこちらのロビーで購入できます。

 

チケットの料金は高校生以上の大人が820円

小中学生の子供が460円4才以上の幼児が310円になっています。

 

ですが26年7月1日より料金が変更になり、大人900円

子供が500円幼児が400円に変更になります。

 

いずれも3才以下のお子様は無料になっています。

 

こちらで「大展望台」のチケットだけと「大展望台+特別展望台」の

セットチケットを購入することもできます。

 

そしてこちらの大展望台は地上から約150mあり、

特設ステージやカフェなどがあり、外の景色を楽しみながら

のんびり過ごすこともできます。

 

また近年とても人気なのが大展望台にある「ルックダウンウィンドウ」です。

 

床の一部分がガラス張りになっていて高さ150m上からの景色を

楽しむことができます。

 

高いところが苦手な方も得意な方もハラハラドキドキ

すること間違いなしですね。

 

私は高いところは得意な方ですがやっぱり150m上からの

景色は怖かったです!

 

他のも大展望台には東京で最も高いところにあるタワー大神社も

ありこちらは、恋愛成就を願う人や成績を上げたいと

受験生などにとても人気があり多くの方たちが訪れます。

 

そしてこちらの大展望台で特別展望台行きのチケットの

購入もできます。

 

わたしも恋愛成就をお願いしに行きたいです!!

スポンサードリンク

特別展望台

4

出典:http://yakei.jp/japan/spot.php?i=tokyotower2nd

 

こちらの特別展望台へは、大展望台にある特別エスカレーターに

乗り特別展望台に行くことができます。

 

チケットは1階ロビーで購入するか、大展望台でも

購入することができます。

 

料金は、大人600円子供400円幼児350円になっています。

 

そしてこちらの料金も平成26年7月1日から変更になり

大人700円子供500円幼児が400円になっています。

 

こちらも3才以下のお子様は無料となっています。

 

また特別展望台には大展望台に行ってからではないと

行けませんので、大展望台料金プラス特別展望台と

なります。

 

そしてこちらの特別展望台は高さが約250mあり360度の景色を

楽しむことができます。

 

最近では東京タワーの周辺に高層建築物が増えているので、

迫力のある景色も楽しめます。

 

夜になると夜景を楽しむこともでき、特別展望台内部もライトアップされ

とてもロマンチックなムードに変身するため、カップルにも

大人気となっています。

 

特別展望台はとてもおすすめなスポットでもあるので

ぜひ東京タワーに行かれた際は特別展望台まで

行ってみてください。

 

こんなロマンチックな場所には大切な人と行って

みたいですよね。

 

わたしも今度行ってみようと思います。

 

まとめ

 

東京タワーの大展望台、特別展望台の

料金など紹介しましたが、参考になりましたか?

 

大展望台にも特別展望台にもそれぞれの魅力が

ありますので、ぜひお休みに東京に行かれる際は

東京タワーにも行ってみてください。

スポンサーリンク

-東京タワー