東京お出かけならココイコ!!

まとめサイトとは違った個人的にオススメしたい東京グルメ・スポットを紹介します♪

東京エリア 秋葉原

秋葉原の観光スポット、外国人にも自慢できる厳選5選を紹介します

2016/11/17

 1
日本のオタク文化の聖地・秋葉原。

フィギュアやアニメグッズ、電子パーツからメイドカフェまで

様々なオタク文化に精通する街です。

 

また電気街としての側面も強いですよね。

有名家電量販店がこの街にあることが一種のステータスとなっています。

 

最近では外国からの観光客も多く訪れていて、

ショッピングの街としても機能をしています。

 

友達が外国からやってくるので案内したい。

そういう機会に恵まれる方も少なくないと思います。

 

今回は外国人の方にも訪れてほしい秋葉原のスポットをご紹介します。

スポンサードリンク

秋葉原案内所

2
まずは個性的な案内所を一つ。

秋葉原だからこそのメイドさんが秋葉原の街を案内してくれます。

 

マップも配っているので、

一部貰って散策を始めてもいいでしょう。

 

他にもメイド服のレンタルやツアーも大人2名から行っているので、

日本の「メイドさん」に興味があるならこちらにまず顔を出してみては

いかがでしょうか?

 

英語の対応もアキバガイドさんは英語のマップを作っています。

外国人観光客の方にも心配りができてますね。

 

 

秋葉原案内所

http://akiba-guide.com/

 

 

 

秋葉原ガチャポン会館

3出典:http://komagen.net/?p=753

 

ガチャポンの聖地です。

日本文化の一つ・ガチャポン。

 

さしてアニメやゲームオタクではなくても、

昨今さまざまなガチャポンが出続けています。

どんな人も夢中になれること間違いなしのお店です。

 

レアなものから最新作まで揃っていて、

毎月約50タイトルの新作が入荷しています。

 

ヨドバシAKIBAなどにもガチャポンは大量に取り扱いがありますが、

やはり秋葉原ガチャポン会館さんは一線を画します。

 

430台ものガチャポンに囲まれるのはここでしかできない体験ですよ!

是非秋葉原らしく、

コアな体験を楽しんでください。

 

 

秋葉原ガチャポン会館

http://www.akibagacha.com/

スポンサードリンク

ドン・キホーテ秋葉原店

4出典:http://oyaide-blog.blogspot.jp/2010/04/blog-post_20.html

 

ドンキでおなじみのドン・キホーテですが、

秋葉原店は他のドンキと一線を画します。

 

秋葉原店は「AKB48劇場」や「@ほぉーむカフェ」など、

有名なアイドルグループの施設やメイドカフェなどが入っております。

 

他にもパチンコやゲームセンターなども入っているので、

外国人の秋葉原観光にはぴったりです。

 

秋葉原店だけの「アキバ系」グッズの販売もしています。

 

この揃いっぷりなら、

このビル一棟だけで十分秋葉原を満喫できてしまうかもしれませんね。

 

 

ドン・キホーテ 秋葉原店

http://www.donki.com/store/shop_detail.php?shop_id=98

 

 

 

CHABARA

5出典:http://ameblo.jp/mimimisuke/entry-11567074153.html

 

ちゃばらとは「やっちゃ場」と「あきはばら」を合わせた造語とのこと。

そして青果市場の別名である「やっちゃ場」は威勢のいい競りのときのかけ声から

生まれた言葉です。

 

もともと神田青果市場だった跡地を利用して作られたのが

この「ちゃばら」です。

 

日本各地の名産などを集めているので、

アンテナショップがぎゅっと詰まっているお店とも言えます。

 

広い店内にいたるところで名産が並んでいますので、

見ているだけでもかなりたのしいです。

絶対に自分用に欲しいお土産が見つかりますよ。

 

外国人の方にはもっと珍しいであろう日本各地の食べ物などが

楽しめます。

 

 

ちゃばら

http://www.jrtk.jp/chabara/

 

 

2k540 AKI-OKA ARTISAN

6出典:http://youtodiary.blogspot.jp/2010/12/2k540-aki-oka-artisan.html

 

秋葉原駅から歩いて10分ほどのところにあります。

秋葉原と御徒町の高架下の再開発でできたばかりの施設です。

だから「あきおか」なんです。

 

ちなみに「2k540」とは、

鉄道用語では東京駅を起点とした距離「キロ程」で場所を示します。

そこから2k540m付近にあるため「2k540」がきているんですね。

 

「ものづくり」がテーマなので、

日本だからこそ作られる職人の作品を気軽に楽しむことができます。

 

ジュエリーや革製品はもちろん、

傘のセミオーダーなどここでしか手に入らないものが沢山あるので

観光にはうってつけですよ!

 

他にも時期によりますがものづくりに関連するワークショップが

開催されています。

 

私も何度も行っている場所なので、

自信を持っておすすめできます!

 

平日は特に落ち着いていて秋葉原電気街の混雑が

嘘のようにすら感じられます。

時間をつぶすにはもってこいですよ。

 

2k540 AKI-OKA ARTISAN

http://www.jrtk.jp/2k540/

 

まとめ

 

秋葉原は家電量販店以外にも文化の発信スポットとして、

かなり個性的な街だと思います。

 

電気街で家電製品以外の秋葉原観光には、

これまで挙げたスポットなどを参考にしてみては

いかがでしょうか?

 

いろんなコアな文化がぎゅっと詰まった秋葉原は、

数日しか滞在できないかもしれない外国人観光客の方にも

十分味わえる場所となっていますね。

スポンサーリンク

-東京エリア, 秋葉原